So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

介護疲れ夫刺殺、妻に実刑=裁判員「もっと国支援を」−福島地裁支部(時事通信)

 介護していた寝たきりの夫(68)を殺害したとして、殺人罪に問われた無職佐藤ツキヨ被告(65)の裁判員裁判の判決で、福島地裁郡山支部(竹下雄裁判長)は29日、懲役2年6月(求刑懲役5年)を言い渡した。
 判決は実刑とした理由について「介護問題の現状を考慮すると、介護を受ける者の意思に反して及んだ犯行が社会に与える影響は無視し得ない」とした。弁護側は執行猶予を求めていた。
 判決後の記者会見で、裁判員を務めた女性(26)は「高齢者が高齢者を介護する例は少なくない。家族だけでなく国などの支援がもっと必要」と語った。
 判決によると、佐藤被告は昨年8月、福島県古殿町の自宅で、寝たきりだった夫亘宏さんの胸などを包丁で数回突き刺して殺害した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
妻殺害の男に懲役11年=裁判員「若い人も積極参加を」
強姦致傷で懲役9年=一部否認の裁判員裁判
押尾被告、3月に公判前整理=保護責任者遺棄致死
被告側、責任能力争う姿勢=耳かき店女性ら殺害

融資金名目で2億5千万円詐取 東電元幹部ら逮捕 警視庁(産経新聞)
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初(産経新聞)
<原口総務相>「関係者によると」発言…介入意図はない(毎日新聞)
<訃報>谷本守さん81歳=元鹿島専務(毎日新聞)
振り込め詐欺 09年の被害、過去最少 それでも月8億円(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。