So-net無料ブログ作成

<口蹄疫>種牛殺さないで 6000人が「助命」署名 エース級5頭は陰性(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、国が県に求めた種牛49頭の殺処分。県には6000人を超す「助命」署名が提出され、東国原英夫知事も「日本の畜産の大切な財産」と特例による救済を訴える。一方、とどまることを知らない感染の広がりに、宮崎の畜産関係者には「(殺処分という)まん延防止が第一だ」との声も。49頭の処分について、関係者の間でも意見が分かれている。【古田健治、石田宗久、川上珠実】

 49頭の種牛は16日、同県高鍋町の家畜改良事業団内の別の牛舎で、種牛の能力評価のため肥育されている牛に感染疑いが確認されたため、家畜伝染病予防法に基づき殺処分が決まった。県はまず、肥育牛259頭を処分。約22万頭の子牛を生んだスーパー種牛「安平」を含む49頭も処分されるはずだった。

 だが、県は22日未明、49頭の「生存」を明らかにした。東国原知事は同日夕の会見で「県の施設で殺処分を迅速に進めたところ、一般農家で処分の順番を待つ農家から『こちらも早く処分を』と苦情が出た。一般農家での作業に県職員を割いたため、手つかずだった」と弁明した。

 県が49頭の殺処分に踏み切れないのには、別の事情もある。

 県内で生産される冷凍精液の9割を占め、13日に国の特例で同事業団から約24キロ離れた同県西都市に避難させたエース級種牛6頭のうち1頭に22日未明、感染疑いが発覚。「種牛の全滅」という最悪のシナリオが現実味を帯びてきたのだ。県幹部は「本当はそっとしておきたかった。滞留した殺処分が解消した時点で、国に49頭の救済を申し入れるつもりだったのだが……」と未練をにじませる。

 23日には49頭の救済を求める畜産業者ら約6200人の署名が県に提出された。24日に県庁であった口蹄疫対策の会議後、知事は記者団に「子牛は三十数都道府県に出荷されている。大切な財産を守ってほしいというのは多くの県民、畜産業界の思い」と強調した。

 一方、同じ会議に出席したJA宮崎中央会の羽田正治会長は「(延命という)特例を要求するのは問題だ」と県の姿勢を疑問視。JA関係者は「49頭の価値は十分分かるが、今燃えさかっている口蹄疫をなめたらいかん。接種したくないワクチンを打っている農家の方もいる」と、封じ込めが優先との考えだ。

 特例で避難した種牛「美穂国」と、殺処分対象の種牛「糸茂勝」の両方の育ての親の宮崎市高岡町の穂並典行さん(73)は「何とか2頭とも生き残ってほしい」と声を詰まらせた。

 ◇エース級種牛5頭は陰性

 また、県は西都市に避難中のエース級種牛5頭の検査の結果、現時点ではすべて陰性であることを明らかにした。

羽生名人、4連勝でタイトル防衛(読売新聞)
「大敗しかねない」民主に不安…北教組初公判(読売新聞)
<子供服訴訟>小室哲哉氏側に未払い金支払い命令(毎日新聞)
農相の「外遊先ゴルフ」を否定 官房長官(産経新聞)
マカフィー、アドビのDRMと連携したDLPソフトウェアの最新版を発売

初期鳥類、羽ばたいて飛べず=羽根が強度不足―英大学など(時事通信)

 ドイツの約1億4500万年前の地層から化石が発見された最古級の鳥類「始祖鳥」や、中国の約1億2000万年前の地層から化石が見つかった「孔子鳥」は、現在の鳥のように翼を羽ばたかせて飛び続けることはできず、主に滑空していた可能性が高まった。英マンチェスター大などの研究チームが羽根を分析して強度が足りないと結論付け、14日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 鳥類は羽毛が生えた小型肉食恐竜から進化し、最初は4本の脚が翼に変わった4翼で樹上などから滑空していたが、次第に前の2翼が大きくなり、やがて羽ばたいて飛ぶようになったと考えられている。始祖鳥や孔子鳥は、翼を動かす筋肉が付く胸骨がまだ十分発達していなかったが、ある程度羽ばたいて飛べたという見方もあった。
 研究チームは、翼で主要な役割を果たす風切り羽根の長さと軸の太さを計測し、現在のユリカモメやモリバトなどと比較。化石の始祖鳥と孔子鳥は、風切り羽根の長さが平均して12.9センチと20.7センチ、軸の直径が0.75ミリと1.06ミリで、羽ばたいて飛ぶには強度が全く足りないことが分かった。 

【関連ニュース】
特集・恐竜図鑑〜新種の翼竜、あごに多数の歯〜
〔写真特集〕生命の歴史 太古の生物
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
深海貝の新種化石発見=進化過程解明に期待
空を泳ぐ海の生物と恐竜=静岡市〔地域〕

やり刺さり女子高生けが=部活中、跳ね返り足首に−北海道・池田(時事通信)
19日に日豪ACSA締結 東京で2プラス2(産経新聞)
客の保険払戻金を詐取 元郵便局員ら2人を逮捕(産経新聞)
浜岡原発5号機で火災=けが人なし−静岡(時事通信)
クジラ育む南の島々 小笠原諸島・父島 (産経新聞)

夏日 兵庫・豊岡29.4度 和歌山・白浜は海開き(毎日新聞)

 ゴールデンウイーク中盤の3日、西日本は太平洋高気圧に広く覆われ、汗ばむ陽気となった。兵庫県豊岡市では最高気温が7月上旬並みの29.4度を記録。奈良市が6月中旬並みの26.7度、大阪市も5月下旬並みの26.1度と各地で夏日になり、今年最高の気温となった。大阪管区気象台によると、この陽気は5日ごろまで続くという。

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場では3日、本州のトップを切って海開きが行われ、安全祈願祭などの後、観光客ら約100人が海に走り込んだ。

 好天で午前10時過ぎの浜辺の気温は26度だったが、水温は20度。子どもたちは「わー冷たい」と戸惑いながら、足元の砂まで見えるきれいな海での海水浴を楽しんだ。兵庫県川西市から来た会社役員、長島芳広さん(42)は「1歳の長女が初泳ぎしました」と楽しそうに話した。同海水浴場は今年、ハワイのワイキキビーチとの姉妹浜提携10年を記念して、9月20日まで開設延長される。

 このほか、愛媛県大洲市で29.0度、京都府舞鶴市で28.6度を記録した。【稲垣淳、吉野茂毅】

【関連ニュース】
<東京では>夏日:今シーズン初 東京・大手町で25.5度
<京都では>納涼床:鴨川に「京の夏」
<世界では>雪だるまで占う夏の到来、チューリヒで恒例の春祭り
<写真特集>毎日植物園・夏
<写真特集>虹:夕刻の東京都心の空に(09年8月8日)

雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
2歳男児はねられ死亡 滋賀・甲賀市(産経新聞)
鳩山首相祖父の墓に黄色いペンキ(スポーツ報知)
住宅ローン名目4680万円詐取容疑、組員ら4人逮捕(産経新聞)
将棋 封じ手は「4四銀」 名人戦第3局(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。