So-net無料ブログ作成
検索選択

条件付き「25%減」を国連提出へ=温暖化閣僚委で正式決定−政府(時事通信)

 政府は26日、国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)の「コペンハーゲン合意」に基づき、2020年までの温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する日本の目標を一両日中にも条約事務局に提出することを正式決定した。ただ、すべての主要排出国が地球温暖化対策の新たな枠組み(ポスト京都議定書)に参加し、「意欲的な目標」で合意することなどを条件とした。同日開かれた地球温暖化問題に関する閣僚委員会で確認した。
 鳩山由紀夫首相は「米国や中国などの主要排出国の背中を押し、われわれも頑張るので、みんなも頑張ろうとの思いだ」とあいさつ。日本が高い目標を掲げることで、他国にも意欲的な数値を設定するよう促していく考えを強調した。 

【関連ニュース
生物多様性保全で「生きもの委員会」=COP10へ官民でPR-環境省
世界最大のサンゴ礁沖を初掘削=過去2万年の気候変動解明へ
与党議員PTを設置へ=経産省
ドイツ銀行とクリーン技術ファンド創設=UAEマスダール〔BW〕
「25%減」に理解求める=温室ガス、日商会頭に

外貨準備の適正規模調査=圧縮なら円高助長も−菅財務相(時事通信)
死刑求刑の元組幹部に無期判決=男性2人死なせ埋める−大阪地裁(時事通信)
押尾容疑者を保護責任者遺棄致死罪で起訴(産経新聞)
生活習慣病領域でOD錠が増加(医療介護CBニュース)
小沢氏続投を容認=前原国交相(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。